自分の血液型の性質(サガ)で言いがちな言葉が、 相手の血液型によっては地雷に! 細かいA型は相手の落ち度にもよく気がつく傾向があります。そんなA型の人がついつい踏んでしまう地雷は…? 「仕事相手」に言ってしまいがちな、相手の血液型別“地雷ワード”を徹底解説!

社会の規範や自分が思う常識から外れることが許せず、言葉の端々に非難のニュアンスが表れてしまうA型。その遠回しな言い方は、思いのほか破壊力あり。

A型が「A型相手」に踏みやすい地雷セリフ

A型はハメを外すことが少なく、言動がワンパターンになりがち。それを同じA型に感じると、つい指摘したくなるが、同類同士だけにより大きな地雷に。

「それ、よくあるよね」“平凡”というニュアンスはA型にだけは言われたくない!

A型が「B型相手」に踏みやすい地雷

自由なB型に対して、「非常識では?」と思うこと多々。そのためつい言ってしまうのが、相手の奔放さ にブレーキをかける言葉。B型は一気に興ざめ。 「そこまでしなくてもいいんじゃない?」せっかくノリよくやっていたB型に冷や水を浴びせる結果に。

A型が「O型相手」に踏みやすい地雷

大きなことを口にする一方で、どんぶり勘定のO型を、A型は心配になってしまう。そこをフォローしようとすると“非難”と取られるのでNG。 「具体的には?」思い描いていた目標に対して、急に現実を突きつけられて意気消沈。

A型が「AB型相手」に踏みやすい地雷

知識やコミュ力に長けたAB型。でも、実は広く浅いことをA型は見抜いていて、それを端々に匂わせるところが、「厄介な相手」とAB型に敬遠されがち。

「何でもそつなくできるよね」AB型が自覚している“深みがない”という弱点を暗に刺激。

監修・金森藍加さん 占い研究家。血液型をはじめ、タロットや人相学、ケルト占星術などを幅広く研究。共著に『正しい占いのすすめ』(河出書房新社)がある。

※『anan』2017年7月26日号より。イラスト・長谷川まき 文・保手濱奈美

(by anan編集部)