ジャンルイジ・ドンナルンマ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマは、バイエルン・ミュンヘン守護神マヌエル・ノイアーをお手本にしていると明かした。クラブ公式メディアのインタビューで語っている。

 紆余曲折の末にミランとの契約を更新した若き守護神は、新たにチームマネジャーに就任したGKの先輩であるクリスティアン・アッビアーティ氏にインタビューを受けた。

 その中でドンナルンマは、「ずっと憧れているのは(ジャンルイジ・)ブッフォン」と、イタリア代表の偉大な先輩の名を挙げ、「代表では彼にすごく助けてもらった」と話している。もちろん、インタビュアーのことも忘れず、「あなたもですよ」と加えた。

 一方でプレーの「お手本にしているのはノイアーもだね」と語り、ドイツ代表GKを参考にしていることを明かしている。

text by 編集部