お腹スッキリ!もち麦を使った和風リゾットをご紹介

写真拡大 (全7枚)

食物繊維がたっぷりで大注目のもち麦。いつも炊いているごはんに混ぜて炊くのが手軽ですが、今回はもち麦をリゾットに使ったレシピをご紹介します。

チーズや肉を使わず、日本の食材と調味料でコクが出るように仕上げていますので、ヘルシーですが満足感のある一品です。

■野菜たっぷり和風もち麦リゾット

【材料】(二人分)

・三分づき米(白米でも) 1/2カップ弱

・もち麦 大さじ2

・玉ねぎ 1/4コ

・さやいんげん 6本

・とうもろこし 1/2本

・しらす 大さじ3

・青ねぎ 2本

・油 大さじ1/2

・出汁 1/2カップ

・酒 大さじ2

・豆乳 大さじ3

・白味噌 大さじ1/2

・塩、コショウ 少々

・鰹節 お好みで

【作り方】

[1] 玉ねぎはみじん切り、さやいんげんはヘタを落として5mm幅に切る。ねぎは小口切りにする。

とうもろこしは軸に添って実を削ぐように切る。

[2] 鍋またはフライパンに油を熱し、玉ねぎを炒める。

[3] ごはんともち麦を入れて炒める。

[4] 酒と出汁を入れて煮る。水分が少なくなったら水を足して10分ほど煮ていく。

[5] 豆乳といんげん、とうもろこしを加える。野菜に火が通ったらしらすと調味料を加える。

[6] 器に盛り、ねぎと鰹節をまぶしたら出来上がり。

シャキシャキした野菜の食感、そしてとうもろこしの自然な甘味が楽しめる一皿に。チーズの代わりに白味噌でコクを出しているのがポイントです。

もち麦は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が両方とも豊富なので、腸の中で善玉菌のエサになったり、血糖値の上昇を抑えたりと、さまざまな健康効果があります。休日のお昼ごはんなどにいかがでしょうか。

お腹スッキリ!もち麦を使った和風リゾットをご紹介はWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

圓尾和紀

“日本人の身体に合った食事を提案する”フリーランスの管理栄養士。TVや雑誌の出演、講演、執筆、カウンセリングなどで活動中。「カラダヨロコブログ」は月間アクセス20万以上。著書“一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方”が2017年4月24日に発売予定。