市川海老蔵 麻央さん月命日に心境綴る ブログコメントに涙 (C)モデルプレス

写真拡大

【市川海老蔵・小林麻央/モデルプレス=7月22日】歌舞伎俳優の市川海老蔵が7月22日、自身のブログにて、6月22日に亡くなった妻・小林麻央さん(享年34)の月命日を迎えた心境を綴った。

小林麻央さん誕生日で祝福メッセージ相次ぐ 市川海老蔵「一緒に空を見上げていたかった」

海老蔵はブログにて「あれから1ヶ月、こんなに忙しい日々ですが1ヶ月間、なんか空洞の中を歩いているようです」と喪失感を吐露。「哀しさと反比例する仕事との時間は今の私のある意味支えなのかもしれないが、休みになった時に果たして私は正常でいられるのか?疑問ですが、なんとか全てを受け入れ全てを愛せる者に私はなりたい」と心境を綴った。

また、「コメント拝見していて涙するのが」と題した次のブログの更新では、「えいえいおーってたくさんの方が、麻央がよく言っていた…コメントにその文字があるたびに彼女のえいえいお〜を思い出し涙します」とコメント。「可愛かった…麻央のえいえいお〜」と振り返った。

◆妻・小林麻央さんが6月22日夜に死去


海老蔵と麻央さんは、2010年1月に婚約発表会見を行い、3月3日に婚姻届を提出。2011年7月25日に第1子である麗禾ちゃんを、2013年3月22日に第2子である勸玄くんを出産した。

2016年6月9日、海老蔵が行った記者会見において、麻央さん乳がんを患っていることを公表。同年9月、医師からの「癌の陰に隠れないで」という言葉を受けブログを開設し、ステージ4であることを報告した。

家族とともに病と戦い、2017年6月20日までブログも更新していたが、22日の夜、自宅にて家族が見守る中、逝去。享年34。海老蔵は23日の緊急会見にて、最期の言葉は「愛してる」だったことなどを涙を流し伝えていた。(modelpress編集部)

情報:市川海老蔵

【Not Sponsored 記事】