20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の広告代理店で働く松下倫子さん(仮名・35歳)。体のラインが一切出ていないカジュアルな服装ながら大人の女の色気が伝わってくる女性です。黒髪ストレートのボブに切れ長の瞳などから一見怖そうな印象ながら、言葉遣いは柔らかく、このギャップに惹かれる男性も多そうと感じます。そんなモテ要素を感じた彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は栃木県です。両親と妹、弟との5人家族で、父親は建築関係の仕事に就いていて、母親は専業主婦です。近くに父方の祖父母がいたので、家族旅行などはいつも大人数でしたね。田舎によくあるような親戚付き合いも、いっぱいありました。正月などは親族で旅館に泊まるのが当たり前でしたね。結婚したら女性は相手の家に行くので参加しなくなり、男性は嫁も強制参加させられていました。家では当たり前のことなのでその通りにしていましたが、未婚組は年々居づらい環境になってきていますね……」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学2年の時です。同じ塾に通っていた同じ学校の他クラスの男子でした。その子と私は成績が似たような感じだったので、塾の課題を2人でよくするようになって、彼から告白されて付き合うようになりました。でも付き合うといっても中学生なので、手をつないだり、一緒に登下校をしたりしただけですけどね。彼とは結局進学が別々になって、そのまま疎遠になっていった感じです。今でも甘酸っぱいいい記憶として残っています」

高校時代は好きな人こそできたものの、恋愛には至らず。大学時代にできた彼氏とは長く続いたといいます。

「高校時代は担任の先生に恋をしたんです。13歳年上でした。でも好きとさえ言えずに卒業しました。バレンタインデーにチョコをあげたり、お弁当を作ったりしていたんですが、まったく相手にされていなかったんです……。

高校を卒業後は、東京の大学へ進学しました。大学ではありがちなキャンプや飲み会などがメインのサークルに入ったんですが、そこで出会った3歳上の先輩と付き合うことになりました。その先輩は毛先を遊ばしている感じのちょっと遊び人っぽい人で、飲み会で仲良くなって、すぐ男女関係になってしまって、そのまま相手が私の家に入り浸るようになった感じです。

付き合ってから彼は学校もろくに行かずに、ずっと私の家で生活していました。私は学校に行って、ご飯を用意して、アルバイトに行く多忙な生活をしていたので、ヒモみたいな感じでしたよ。周りからも最初は『あんなカッコいい人と付き合えて羨ましい』と言われていたのに、徐々に『あのダメ男と早く別れな!』となっていました。でも私は彼がヒモのようでも、ずっと一緒にいられることが嬉しかったんです。好きだったから。でも結局彼は留年して、就活にも失敗して、田舎に帰ってしまいました。そこで彼の田舎の新潟について行くことはできなかったので、お別れになりましたね」

社内で出会った薄毛の小太り男性と……!?

大学を卒業後に、今の広告代理店に事務として働きだします。

「私は、特にこれになりたいといった夢がなかったんです。だから希望なしの大きな範囲で就活をしました。仕事はそこそこで趣味やプライベートを充実させたかったので、とりあえず残業がないところを選んだ感じです。そこでは9時〜17時のスタイルで、残業も一切なし。残業代が別途もらえるからか、遅くなる可能性が生じると上司が私の仕事を代わりにやってくれていましたね。

仕事は2年ほど何もなく淡々と過ぎました。3年目の時に、東京の本社から営業で1人の男性がやってきました。彼は人当たりのいい感じですぐに打ち解けましたが、30歳なのに頭がちょっと薄くて、小太りで汗っかきで顔もカッコよくなくて、恋愛対象ではまったくありませんでした。でも、私も彼も喫煙者で、喫煙所で一緒になる機会が増えて、仕事の弱気な愚痴を聞いていくうちにその弱気な姿に惹かれていったんです。彼も好意を示してくれていて、どちらからというわけじゃなく付き合うみたいな感じになっていました。でも彼は、私との関係は会社には内緒にしようと言ってきたんです。『君を好きな男性が多いので妬まれたくないから』という理由だったんで、私も気分を良くしてしまって、追及しなかったんですよ。でも、そこには最低な理由があったんです……」

秘密の恋は、みんなに気付かれないようにメールや付箋でやり取りをしていたそう。そのスリルも楽しかったといいます。

ルックスにコンプレックスがある気弱な優しい男性との恋。その優しさを信じて疑わなかったことが、後で大きな代償として返ってきました。〜その2〜に続きます。