CHRISTIAN DADA TOKYO 2階

写真拡大

 デザイナー森川マサノリが手掛ける「クリスチャン ダダ(CHRISTIAN DADA)」が7月22日、南青山の直営店を増床リニューアルオープンする。これまで1階のみで営業していたが、リニューアル後は1〜2階の2フロアで展開。店舗の内装は張替那麻設計事務所の張替那麻が担当した。

 1階ではウィメンズ、2階ではメンズを展開。今回新たにオープンする2階は、ブランド名の由来でもあるダダイズムのアイコニックな表現方法「コラージュ」をキーワードに、アートギャラリーとアトリエ、ストレージが空間の中で立体的に重なり合うように空間を構成。吊り下げられた什器やミラー、両サイドを突き抜けながら天井に一定に張り巡らされたレールなど、アイテムが浮遊しているような演出になっている。1階と同様、2階も割れたガラスウインドーで「不完全性の美」を表現した。
 リニューアルオープンを記念し、同日からクリスチャンダダ トウキョウとクリスチャンダダ シンガポールで限定商品を発売。ボンバージャケット(9万5,000円)やモーターサイクルジャケット(9万8,000円)、ジーンズ(5万6,000円〜6万3,000円)、スカート(5万3,000円〜7万9,000円)といったデニムシリーズ6型と、Tシャツ1型(1万1,000円)、ソックス1型(3,200円/全て税別)が展開される。