「善良な人には幸運がプレゼントされる」のが、童話の定番です。

しかし、童話のように、善意が魔法のような力で報われることは、現実ではあまりないようです。現実での善意の結果はさまざま。

「しょうがない、善意の見返りは、自力で作り出すか」

ボロボロの包丁を磨くよ

猫と暮らすJun Yoshizukiさんがリサイクルショップに行った時のこと。受付にいた先客は、錆びついた和包丁が売れなくて困っていました。

先客は「30円でもいいから買い取ってよ!」と受付にいっていたのに、かわいそうに思ったJun Yoshizukiさんが買い取りを申し出ると、「300円以下では売らないよ」と発言。

なんと、10倍の値段に釣り上げられていました!

これには、善意で申し出たJun Yoshizukiさんも苦笑いです。申し出た手前、300円で買い取ったものの、フツフツとこみ上げて来る感情がありました。

もう、悔しさをバネにするしかありません!

猫のコハクとナギが静かに見守る中、Jun Yoshizukiさんはやり遂げました!

猫の顔が映るほど磨きこまれた和包丁『関孫六』。切れ味バツグンです。

こんなに素晴らしい包丁に変身するのなら、300円も惜しくないですね。

この後、新鮮な食材を使った猫用ごはんを作って、コハクとナギに幸せのおすそ分けをしたのでしょうか。

[文・構成/grape編集部]