「ビオレ」の炭パックを米国モデルが絶賛。日本でも売って〜!

写真拡大

 モデルのシェイ・ミッチェルは、「ビオレ」の広告塔を務めることが「肌の救世主」になったと思っているそうだ。

 昨年4月に同ブランドの顔に起用されたシェイは、同ブランドの洗顔料を使うことで肌が大幅に改善されたため、オファーを受け入れて良かったと思っているという。
 シェイはインスタグラムに、自身が同ブランドのセルフヒーティング・ワンミニット・マスクを肌からふき取る様子を捉えた動画をアップし、こうキャプションを付けている。「ビオレの広告塔でいることは肌の救世主だわ。とっても楽よ!」

 テレビシリーズ『プリティ・リトル・ライアーズ』で女優としても活躍するシェイは、ここ数週間に渡り世界中を旅してきたため、同マスクを施そうと思ったと続けている。

「たくさんの旅の後で、肌をビオレのセルフヒーティング・ワンミニット・マスクでいたわってあげているの。とっても簡単に洗い流せるうえに、肌の汚れや油を溶かして、肌をきれいに見せてくれるから大好きよ! それに1分で温まるんだから!」

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=734353

 花王が展開するビオレは、日本人にはすっかりおなじみのスキンケアブランドだが、アメリカやヨーロッパ、アジアなど世界でもその国に合わせた仕様で販売されている。セルフヒーティング・ワンミニット・マスクは洗い流す炭のパックで、シェイのような美容感度の高い女性を中心にアメリカではなかなかの人気となっている。

 そんなビオレを愛用するシェイは、最近ギリシャのサントリーニ島とミコノス島で日光浴を楽しんだようだが、休暇中は濃いメイクをしないようにしているようだ。

 夏の美容習慣について、シェイは以前「夏の間はメイクは少し控え目にするようにしているわ。暑いし、熱と重たいファンデーションは相性が悪いからね」と話していた。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>