男子米国ツアーメジャー第3戦、第146回全英オープン2日目。4番でティーショットを打つ松山英樹(2017年7月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子米国ツアーメジャー第3戦、第146回全英オープン(The 146th Open Championship)は21日、英サウスポート(Southport)のロイヤル・バークデール・ゴルフクラブ(Royal Birkdale Golf Club)で2日目が行われ、松山英樹(Hideki Matsuyama)は強い風雨の中で行われたラウンドを2オーバーで終え、通算イーブンパーで10位タイに順位を上げた。

 その他の日本勢では、池田勇太(Yuta Ikeda)が通算10オーバー、宮里優作(Yusaku Miyazato)と谷原秀人(Hideto Tanihara)は通算12オーバーとし、予選通過ラインの通算5オーバーに届かなかった。

「69」でスコアを1ストローク伸ばしたジョーダン・スピース(Jordan Spieth、米国)が通算6アンダーで首位を守り、2打差の2位にマット・クーチャー(Matt Kuchar、米国)がつけている。
【翻訳編集】AFPBB News