「ビビット」ロゴ(C)TBS

写真拡大

【国分太一/モデルプレス=7月22日】TOKIOの国分太一と、女優の真矢ミキがMCを務めるTBS系『ビビット』(毎週月〜金曜あさ8時)。25日の放送では、ジャニーズ歴29年の国分が、ジャニーズJr.の現在のレッスン場に初潜入する。

ジャニーズJr.は「戦国時代」「誰がデビューしてもいい」… ライバルに勝つ戦略&驚きの私生活に反響

現在、ジャニーズJr.のメンバーは約300人。そのうち、未来のトップスターになれるのはほんの一握りで、彼らは厳しい競争の中で、日々レッスンに励んでいる。

国分がレッスン場を訪れた際、稽古に励んでいたのは、Mr.KING、HiHi Jet、東京B少年、Snow Man、Travis JapanらジャニーズJr.たち。国分は人気急上昇中の Mr.KINGのレッスンを見て「太鼓もやるの?いまのジャニーズJr.の子たちは向上心があるな」と感心する一幕も。太鼓のレッスン担当者は「彼らは飲み込みが早い。リズム感や運動能力など、太鼓の上達に欠かせない 要素を既に持ちえている」と彼らの才能を評価した。

◆国分太一がジャニーズJr.と交流


続いて国分は、ローラースケートのパフォーマンスで人気のHiHi Jetと遭遇。高速スピードで走る彼らに圧倒されつつも「ローラースケートがオリジナルのいいやつ」と、メンバーそれぞれに与えられたオシャレなローラースケートに注目する。さらに、光GENJIの名曲に合わせてHiHi Jetとダンスも披露することに。

また、東京B少年にはリーダーがいないと聞いた国分は、「ジャニーさんがリーダーを決めることはない。TOKIOはじゃんけんで決めた。君たちも今からじゃんけんでリーダーを決めなよ」と提案する。

◆国分太一「無責任に頑張って、とは言えない」


そんな中、なかなかグループに加入できないジャニーズJr.がかつて事務所を辞めようと悩んでいたことを知る国分。苦悩の後、たどり着いたのは「踊るのが好き。いまはどのメンバーでもいいからそのバックで最高のパフォーマンスをするのが目標」と語るジャニーズJr.。

彼の姿に自らの下積み時代を思い出したのか、国分は「気持ちはすっごく分かるから無責任に頑張って、とは言えない。伸び悩むときは誰にでもあると思うし、頑張っていても結果がどうもついてこない時期もある。その苦しんでいる彼のモチベーションがどこにあるのかとか、リアルな部分を取材しているので、そこはこれまで見たことのない映像になっていると思う。ジャニーズ事務所って輝いて見えるけど、辞めていく子も多いですし、気づいたら自分の同期もいない。その不安の中で頑張っている姿を見ていると、自分自身も気付くことが多かった」としみじみ回顧。ジャニーズJr.の目標は様々で、CDデビューを目指していた自分たちの時代とは大きく異なることに衝撃を受ける。

なお、翌26日の放送では、TOKIO城島茂・山口達也・国分、V6坂本昌行・長野博が同年代座談会を開催。今だから話せるエピソードなどを披露する。

【Not Sponsored 記事】