スパガ、“普段はやらない”パフォーマンスでTFの公式応援アイドルに就任

写真拡大

『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』開催中の六本木ヒルズアリーナで、映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の公開を記念した公式応援アイドル決定SPライブが7月19日(水)に行われ、出演した3組のアイドルからSUPER☆GiRLSに決定したことがわかった。

今回、公式応援アイドル候補に名乗りをあげたのは、テレビ朝日で毎週金曜 26時50分から放送中の『アイドルお宝くじ』に出演中のアップアップガールズ(仮)、SUPER☆GiRLS、PASSPO☆の3組。この3組がアリーナ特設ステージで、映画『トランスフォーマー』にちなんだライブを行い、もっとも“トランスフォーマーらしい”パフォーマンスを披露したアイドルに公式応援アイドルの座が贈られるといったイベントだった。

気温30℃を超える中、その暑さを吹き飛ばすようなパワフルなライブパフォーマンスを披露した3組。その甲乙つけ難い戦いを制し、見事SUPER☆GiRLSが公式応援アイドルの座を射止めた。

会場では、3組がステージに現れると、アリーナに集まった約750人の観客から大きな歓声が。一気に華やかになった会場をさらに盛り上げるかのようにステージ横から真っ赤なBMWが登場すると、野上慎平アナウンサーのプロレスさながらの実況に合わせ、トランスフォームカー・Letronsがド派手に変身を遂げた。なんとこのLetrons、世界にたった一台しかない超貴重な代物。映画さながらに精巧に作られたノンフィクションのトランスフォームカーがついに日本で初お披露目となったのだ。

目の前でトランスフォームされる車を見たアイドルたちは大興奮。アップアップガールズ(仮)の新井愛瞳が「超かっこいいですね! 欲しい!」とおねだりするとSUPER☆GiRLSの浅川梨奈も「生で見られて感動! モニターも付いててリアルですね。いくらですか?」と前のめりに尋ねていた。さらにPASSPO☆の玉井杏奈は「『トランスフォーマー』を見ると、世の中の車がみんな変身しないかなって思ってしまいますね」と、すっかり映画の世界観に魅了されているようだった。

そしてLIVEでは、「ヒーロー」「戦い」「変身」という3つのポイントをどのようにパフォーマンスの中に取り入れるかが審査の基準。トップバッターのアップアップガールズ(仮)は「マーブルヒーロー」と「アッパーディスコ」の2曲を披露。曲中に変身ポーズを入れるなど、“戦うアスリート系アイドル”らしいパワフルなパフォーマンスを見せた。続いて登場したSUPER☆GiRLSは、「赤い情熱」「DREAM SEEKER」「ギラギラRevolution」「華麗なるV!CTORY」のメドレーで王道アイドルらしからぬ力強いステージを。曲と曲の間に『トランスフォーマー』の効果音を入れたり、戦いを意識した歌詞や振り付け、そして最後にはリフトアップでトランスフォームを見せるなど、「普段はやらない」(リーダー・溝手るか)というほどの熱のこもったパフォーマンスを披露していた。

最後に登場したのはPASSPO☆。“戦うヒーローをテーマにした、世界を救える曲”だと胸を張る「マイノリティー・ヒーロー」と「すてんだっぷガールズ!〜第1話 ダメダメ怪獣にご用心〜」を披露し、この日のためにアレンジしたという振り付けを観客と一緒に楽んだ。

審査を担当した東和ピクチャーズの大西氏は「それぞれが魅力的で甲乙つけ難い! 悪に堕ちてしまう今作の登場人物も、今日のみなさんのパフォーマンスを見て目を覚ましてくれるのではないでしょうか」と大絶賛。その上で、SUPER☆GiRLSを公式応援アイドルに選び、「チームワーク、キレキレのアクション、ラストのポーズが素晴らしかった」と選考理由を明かしていた。