神奈川県・秦野市の山林でスーツケースの中から中国人姉妹・陳宝蘭さん(25)と、陳宝珍さん(22)の遺体が見つかった事件で、警察は横浜市青葉区に住む39歳の男を近く死体遺棄の疑いで逮捕する方針を固めたことが21日分かった。中国新聞網が報じた。

捜査員によると、姉妹が住んでいた横浜市中区のマンションをこの男性が訪れる様子が防犯カメラに映っていたため、事件への関与の疑いが強まった。警察は、姉妹に対する監禁容疑でこの男を既に逮捕しており、姉妹の死亡の経緯についても把握しているとみて事情聴取を進めている。

警察によると、この男は、陳宝蘭さんが勤めていた飲食店に客として頻繁に出入りしていた。警察は、男が合鍵を使って姉妹の部屋に入ったと見ている。防犯カメラには、この男が今月6日に何度もマンションに出入りする様子のほか、7日にスーツケースを運び出す様子も映っていた。

司法解剖の結果、2人の死因はがいずれも首を圧迫されたことによる窒息死だったことが分かっている。(提供/人民網日本語版・編集KN)