マツコがNHKで初MCを務める

写真拡大

 マツコ・デラックス(44才)とNHKの有働由美子アナ(48才)が共演するNHKスペシャル『AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン』(7月22日放送)の初収録後の会見で、2人の忖度なしの本音が噴出。2人の公共放送ギリギリトークをお届けする。

 大きな拍手が響くスタジオ。上品なブルーのドレスを纏って現れたのは、NHK初MCを務めることになったマツコ・デラックス。収録の感想を求められると、開口一番「金があるなって。民放とはマイクから違った」と、さっそくマツコ節が炸裂。その隣で、真っ赤なワンピース姿で笑顔を見せるのは、進行を共に務める同局の有働由美子アナ。『あさイチ』での奔放な言動が人気の有働アナだが、「タイトルの“どうすんのよ!?”って、オカマを誤解してた10年前のセンス」「このロゴどうにかならないの?」とマシンガンのようにダメ出しするマツコに、頭を抱える場面も…。

 しかし、実は、プライベートでも仲の良い2人。ヒートアップしたマツコが「NHKは無理しなくていいのよ。昼の帯の番組とか」と、騒動の渦中にある船越英一郎(56才)がMCを務める『ごごナマ』をにおわすと、「いい番組ですよ」と有働アナが即フォロー。テレビ誌の記者から質問された際、「YouTubeで“『TVガイド』が〜!”ってやったりしないよね、あんた」と有働アナに向かってマツコが松居一代(60才)を思わせるモノマネで悪ノリすると、「大丈夫です」と冷静に一刀両断するなど、さすがの手さばき。メリハリのきいたコンビネーションを見せた。

◆理想の息子、理想のパートナーは?

 同番組では、NHKが入手した公共のデータを元に開発されたAI(人工知能)に、老後や子育てなど、現代の日本が抱える問題を投げかけ、その答えを元に議論を展開する。

 収録当初は、AIにピンとこなかったという2人だが、有働アナが某男性俳優の名前をAIに命名すると、一気に親しみが湧いたという。マツコから「ご自分の子供は生んでないけど、名付け親になったわけだから」と振られた独身の有働アナは、「本当だ! 男の子欲しかったし」と歓喜。息子を理想のボーイフレンドに育てたい願望を明かした。

「闇が大きい」と身をすくめたマツコだが、そのマツコも、顔や人間性、“ある程度の機能”が備わればパートナーはロボットで構わないと宣言。その“機能”については「公共放送では言えない」としながらも「Bまででいいわよ」と赤裸々に告白した。AIのことを「ミステリアスな彼氏」とまで表現した有働アナは、「夫というよりも、一緒に家事をやってほしい。AIは学習するので、精神的にも染まって…」と、“自分色”に染まった家事ロボットが欲しいと、それはそれで贅沢な要望を明かした。

 2020年まで全7回放送予定のこの番組。「生身の人間は怖い。最近いろんなことあるでしょ、昼の帯大変だから」と再び松居・船越問題に触れたマツコだったが、マツコ&有働アナが生身の人間よりAIを愛しすぎないように、3年先まで見届けなきゃ!?

※女性セブン2017年8月3日号