【詳細】他の写真はこちら

「システムファイルのクリーンアップ」で不要なデータを削除する



ストレージ容量が足りなくなると、ソフトのインストールもファイルの保存もできなくなります。また、空き容量が少ないとPCの動作が妙に遅くなることもあるだけに、普段から可能な限り無駄なファイルは削除して、空き容量を確保しておきたいですね。とはいえいくらファイルを整理し、ごみ箱を空にしたところで限界があります。特に、元々ストレージ容量が小さいタブレットPCでは深刻で、空き容量のやりくりで頭を抱えている人も多いでしょう。

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

 

こんなときは、一時ファイルやOSのアップデートで使ったファイルまで削除して、一気に空き容量を増やしましょう。

まずはシステムドライブを右クリックし、プロパティを開きます。全般タブで「ディスクのクリーンアップ」ボタンを押し、さらに「システムファイルのクリーンアップ」ボタンを押しましょう。最後に削除したい項目にチェックを入れ、「OK」ボタンを押すと不要なファイルが削除されます。特に「Windows Updateのクリーンアップ」にチェックを入れると空き容量がかなり増えるはずです。



▲まずはエクスプローラーからシステムドライブ(多くの場合Cドライブ)を右クリックし、プロパティを開きます。



▲不要なファイルが削除するため、「全般」タブにある「ディスクのクリーンアップ」ボタンをクリック。



▲一時ファイルの削除やごみ箱を空にするくらいなら通常の「ディスクのクリーンアップ」で十分ですが、Windows Update関係のファイルまで削除したければ「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。



▲すべての項目にチェックを入れることで、単純なディスクのクリーンアップよりも2.2GBほど空き容量が増えることに。Windows Updateで使ったファイルは、意外と多くの容量を消費しています。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?