男性が激白! 「僕たちが出会った“イタい婚活女性”」〜パーティー・デート・SNSで〜

写真拡大

婚活をしていると、「何この人!? イタすぎる」と、こちらが衝撃を受ける男性と出会うこともあります。それは男性側も同じ。お互い様、というものです。

モテと結婚はあまり関係がない。『美人が婚活してみたら』とあるアラ子インタビュー

今回は、30〜40代の男性が、婚活で出会った女性に対して「この人、イタいな」と感じたエピソードをご紹介します。あなたは、こういった「イタい言動」していませんか?

婚活パーティ編

『お若いですね』と言われて…

「ある程度の年齢の女性には、こちらも気を使って、『お若いですね』とか言うわけです。それを真に受けて、『はい、よく言われます』とキメ顔で答える女性がいたのにはびっくり(笑)。

近くで向き合うと、肌の質感は年相応かそれ以上で、服や髪型、メイクなどで、無理に若作りをしているだけ、という感じなのですが……。

他にも、『30代前半に見られることが多いんです。自分ではよくわからないんですが』なんて自慢してくるアラフォー女性もいました。正直、若く見られます、と自画自賛する女性はイタいです」(36歳/メーカー)

自己肯定感はないよりもある方が良いですが、一方で、それが「勘違い女」を彷彿とさせるレベルだと、見ていてつらいものがあります。自慢はほどほどに……。

“カネ目当て感”丸出し

「“男性は医師限定”の婚活パーティに参加したときのことです。いきなり年収や資産を聞いてくる女性がいたのには驚きました(笑)。カネ目当て感、出すぎてますよね。

ほかにも、『私は家庭的なタイプで、料理も好きなので、きっといい奥さんになると思います』みたいなアピールをしてくる方も。そういうのって、いくら自己申告しても、説得力ないと思うんですよね。他人がどう感じるかなので」(40歳/医師)

関係が浅い、というより初対面にも関わらず、お金の話題に果敢に切り込むさまは、相手の男性を「引かせる材料」以外の何者でもありません。

デート編

奢ってもらうのが当たり前?

「婚活で出会った女性と食事に行ったとき、お互い自立したいい大人ですから、僕のほうが少し多めに払うくらいでいいかな、と思っていたんです。

僕が6割強払おうとしたら、怪訝な顔をして、残りのお金をテーブルに投げつけるように置いた女性がいました。

あとでその女性のTwitterをこっそり見ると、『初デートで奢らない男なんて、こっちから願い下げだわ』みたいなことをつぶやいていて、けっこう引きましたね」(37歳/IT)

デート=男性に奢ってもらうのがあたりまえ、といった思い込みは捨てて。自分に経済力があるなら、ある程度は払うべきといえます。

『私はすごいのよ』プレゼンにドン引き

「1回目のデートでひたすら、いかに自分が仕事ができる有能な女性か、プレゼンされたことがあります。過去の経歴や関わってきたプロジェクトのことを延々と聞かされても、こちらとしては全然楽しくないんですけど、みたいな(笑)。

仕事で張り合おうとする必要もないと思いますし、何より『自分が、自分が』『私はすごいのよ』みたいな圧の強さは、正直まったく求めていないですね。自画自賛は一番イタいパターンだと感じます」(41歳/経営者)

そもそも、仕事ができる女性は、自ら「仕事ができる」なんてアピールしませんし、もっとうまいこと立ち回るような気も……。

LINE/SNS編

空気を読まずに長文だらけ

「やたら長文で絵文字・スタンプたっぷりの、読み応えがありすぎるLINEを送ってくる女性。暇なんでしょうか。長いLINEに対し、僕が1〜2行程度で返しても、一切空気を読まずに、大量の文章を繰り返し送りつけてきます。

『LINEを面倒くさいと感じている』こちらの真意を汲み取らないところ、相手に寄り添う姿勢ゼロなところ……イタいなと思わずにはいられませんでした」(36歳/メーカー)

LINEのようなスマホを介したコミュニケーションも、実際会っているときの“生身”のコミュニケーションも基本は同じ。相手の出方を観察し、それに寄せたコミュニケーションを心がけたいものです。

SNSで報告しすぎ

「Facebookにまめに自分の写真を載せて、今日何をしたか事細かに説明する女性は、僕はイタいなと思います。

たとえば、僕とデートで食事に行った後、食事中に撮った料理の写真を全部載せて、メニュー名や感想などを逐一書いている女性がいました。

それなんのレポートですか(笑)? 確かになかなか予約がとれない名店で、自慢したかったのかもしれません。でも、そういった自己顕示欲が強すぎる女性にはついていけないなと思います」(41歳/経営者)

「私を見て!」という思いであふれる女性は、男性としては「扱いづらい存在」に感じるのかもしれません。SNSでの報告もしすぎないよう、バランス感覚を持ちたいものです。

数多く寄せられたイタい振る舞いたち……無意識のうちにしていることがあったり、心当たりがあったりしたら、早々にやめるが勝ち、ですよ。