なぜ、いま、 親子一緒に「家庭で英語」なの?

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第5刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

12歳以下の子どもたちのための
本格的な英語メソッドがない日本

 このように、日本のどこにも「12歳以下の子どもたちのための本格的な英語メソッド」は存在しません。

 文法中心の中学英語を下に下げて使う、それしかないのが現状です。

 2020年から始まる文部科学省肝煎りの英語改革ではありますが、教える先生側の問題もあって、すぐに「はい、スタート」と円滑に実施できるとは到底思えません。

 教育現場が混乱したとき、最も被害を受けるのは子どもたちです。

 せっかく世界に通用する英語が身につくメソッドがあるのですから、これを活かさないともったいないというもの。
 最初だけでも、家庭で親がサポートしてあげるのが筋というものです。

 たとえ親が英語嫌いだとしても、この本のとおりやれば、必ず本物の英語力がつきますから、親が家庭で子どもたちの最初の先生になることです。

 親が英語嫌いだったり、苦手だったことと、子どもが得意か苦手かは関係ありません。
 子どもの可能性をどうか信じてあげてください。
 いまから、学校ではなく家庭で英語学習を始めるのです。
 同時に、いまからやっておけば、子どもに学習習慣がつきます。
 ときどき、教室の体験レッスンにこられる保護者が、

「先生、宿題はありますか? 単語は家でやるのですか?」

 と真顔で聞いてくることがあります。

 語学は学校と塾だけでは決して身につきません。
 継続的に英語4技能を使っていかなければ、すぐに忘れてしまいます。
 未来をつくる資質と能力としての「一流の英語力」は、家族みんなで習得するのが最善の策なのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)