7月上旬、ロシアのクラスノダール地方にある黒海で、自分の力で新しい家族を見つけた1匹の子猫がいる。

懸命にボートを追いかけた

3世代にわたって休日を楽しむことにした、Nikitinaさん一家。ボートでのんびりとしていると、石だらけの岸辺から必死で呼びかける存在に気が付いた。

はじめは何かわからなかったそれが、1匹の子猫だと気づいたものの浅すぎるのでボートでは岸辺に近づけなかったそうだ。

どうしようかと考えていると、子猫が先に行動に出た。

海に飛び込んだ!

なんとその猫は海に飛び込み、一家に向かって泳ぎだしたのだ!

その様子を見た家族も海に飛び込み、子猫を捕まえて

Неля Никитина/Facebook

無事に救出した。

Неля Никитина/Facebook

▼動画全編はこちらから

「彼らはきっと助けてくれる」と確信していたとしか思えない子猫の行動だが、間違ってはいなかった。

無事、新しい家族となった子猫

7月5日にNikitinaさん一家のおばあちゃんがFacebookに投稿したところによると、子猫はオーロラという名前をもらい、新しい家族として暮らし始めたそうだ。

The Dodoが伝えているところによると、オーロラはとっても元気で甘えん坊な子猫として暮らしているという。恐らく捨てられ、寂しかったことがトラウマとなっているのか、ひとりになるのを恐がっているそうだ。

オーロラとNikitinaさん一家の出会いには、「助けてくれてありがとう」「1匹の動物を助けても世界は変わらないけれど、その動物の世界を救うことはできる」などのコメントが寄せられている。