トランプ氏長男面会のロシア人弁護士、過去にFSBの訴訟担当

写真拡大

[モスクワ 21日 ロイター] - トランプ米大統領の長男、トランプ・ジュニア氏と昨年の大統領選期間中に面会したロシア人弁護士、ナタリア・ベセルニツカヤ氏が、過去にロシア連邦保安局(FSB)を顧客に抱えていたことが、ロイターが入手した裁判所文書で判明した。

文書によると、ベセルニツカヤ氏は2005─13年、モスクワ北西部の高級不動産の所有権を巡る訴訟で、FSBの利益を代表した。

FSBはソ連時代の諜報機関、旧ソビエト連邦国家保安委員会(KGB)の後継組織。プーチン大統領は現職に就く前、FSBのトップを務めていた。

ベセルニツカヤ氏がロシア政府や諜報機関の職員であることを示すものはなく、同氏はロシア政府との関係を否定している。

だが同氏が法廷の場でFSBの弁護を担当していたことが判明したことで、米政治家の間で懸念が高まる可能性がある。

オバマ前政権は昨年、ハッカー攻撃を通じて米選挙に干渉していたとして、FSBに制裁を科した。米上院司法委員会のグラスリー委員長(共和党)は、そもそもベセルニツカヤ氏がなぜ米国への入国を認められたとのかとして問題視している。

ロイターは電子メールでベセルニツカヤ氏に対し、この件についての説明を求めたが、同氏からの返事はない。FSBはコメントの要請に応じていない。