NIKE KICKS LOUNGE OMOTESANDO外観イメージ

写真拡大

 ナイキジャパンが、日本初展開の新業態となる「ナイキ キックス ラウンジ 表参道(NIKE KICKS LOUNGE OMOTESANDO)」を7月28日にオープンする。ランニングサービスの専門店として裏原エリアに昨年5月にオープンした「NIKE+ RUN CLUB OMOTESANDO(ナイキ プラス ラン クラブ 表参道)」をリニューアルし、新たな店舗として生まれ変わる。
 店舗ではナイキ スポーツウエアをはじめ、ランニングやバスケットボール、ナイキ SB、ジョーダンブランドなど、各カテゴリーからフットウエアとアパレルをキュレーションして展開。アパレルではヘミングやカットオフができるテーラリングサービスを初めて導入し、Tシャツやフーディー、スポーツブラを含むプリントが可能な全てのトップスをカスタムできるスペースを常設する。オリジナルデザインや店内のクリエーションに参加する各アーティストによるロゴデザインなど全30種類以上のデザインが用意され、大きさや組み合わせを選んでプリントすることが可能。店頭では「Nike.com」での購入後、指定先住所への配送、もしくはコンビニでの受け取りを選択できるサービスも実施する。
 オープン時の店内は、国内外で活躍する画家のMeguru Yamaguchがウォールアートを手がけ、サカナクションの山口一郎がスタートさせた音楽プロジェクト「NF」に青山翔太郎が加わった「NF サウンドクルー(NF SOUND CREW)」によるオリジナルミュージックのほか、店内ディスプレイにはオオクボリュウ、ストマックエイク(STOMACHACHE.)が参加。今後は、定期的に東京を代表するアーティストとパートナーシップを組み、"今の東京"を表現する空間を演出していく。