ローマからマフレズ獲得の打診も…レスター拒否 指揮官「理由はオファー額が安かったから」

写真拡大

レスターはマフレズに73億円の値札 ローマのオファー額は要求を満たさなかった模様

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは今夏の移籍が噂されているアルジェリア代表MFリヤド・マフレズへ届いたローマからの打診を拒否したことが分かった。

 英公共放送「BBC」が報じている。

 クレイグ・シェークスピア監督は「入札は丁重にお断りした。理由はオファー額が安かったからだ」と経緯を話している。クラブはマフレズに5000万ポンド(約73億円)の値札を付けているというが、ローマのオファーはその要求を満たすものではなかった模様だ。

 2015-16シーズンのリーグ優勝に貢献し、PFA年間最優秀選手にも選ばれたレフティーはすでに今夏の移籍希望を公にしている。アーセナルやローマ、チェルシーなどへの移籍が取り沙汰されているが、正式なオファーはローマからしか届いていないという。

 香港でのプレシーズンマッチにも出場しており、レスターでの調整が続いている。プレミアリーグ開幕まで約3週間となったが、今のところ移籍が決まる気配はなさそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images