Googleは現地時間7月19日より、Android端末に危害を及ぼすアプリやマルチウェアを24時間監視する新セキュリティサービス「Google Playプロテクト」の提供を開始しました。
 
本サービスは端末上で自動的に有効となるため、設定の必要は特にありませんが、利用するにはGoogle Playサービス11以降が必要です。

24時間端末内のアプリを監視


Google Playプロテクトは、Google Playに実装されるAndroid向けのセキュリティサービスで、Android端末を24時間自動的にスキャンすることで、端末・データ・アプリの安全性を保ちます。
 
Google Play プロテクトは、機械学習機能を用いてストア上にある500億のアプリを毎日スキャンし問題のあるアプリが配信されることを事前に防ぎます。
 
また、端末のアプリスキャン時は、Google Playストアでダウンロードしたアプリだけでなく、サードパーティーのストアからダウンロードしたものも対象とするので、より高いセキュリティを確保することができます。

「Find My Device」機能も追加


 
さらにGoogleは、Google PlayプロテクトにiPhoneの「Find My iPhone」と同じような機能「Find My Device」機能も追加しました。
 
端末を紛失してしまったユーザーは、別のデバイスからGoogleアカウントにログインすることで、端末の位置を特定できたり、端末の着信音を鳴らしたりできます。
 
また、端末が見つかる可能性が低い場合は、リモートで端末上の全データを削除し、情報の流出を防ぐことも可能です。
 
本サービスは、現地時間7月19日より開始したと見られますが、利用するには「Play Service 11」以降のバージョンが適用されている必要があります。
 
 
Source:Google
(kotobaya)