3号機の炉心下につらら状の塊「燃料デブリ」とみられると発表

ざっくり言うと

  • 福島第一原子力発電所3号機の炉心下で「つらら状の塊」が発見された
  • 溶融した核燃料と構造物が混ざって固まった「燃料デブリ」とみられている
  • 21日、東京電力は記者会見で「燃料デブリの可能性が高い」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング