ミッツ・マングローブ

写真拡大

21日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組アシスタントのミッツ・マングローブが、マライア・キャリーを痛烈にイジる場面があった。

番組では「マライア・キャリー これが歌姫の今の姿!?」と題し、日刊ゲンダイの記事を取り上げた。記事によると、先日行われたマライアのコンサートに参加した客が「チケット代を返して欲しい」とTwitterに書き込み、話題になっているのだとか。

各国のマスコミも「ステージの動きは冴えないし、バックダンサーに寄りかかるだけ。あれはダンスではなくジェスチャー」と酷評しているという。

これを受け、司会の原田龍二が「こういうふうに思われてしまうなら(表舞台に)出ないほうがいいんじゃないか」と提案すると、ミッツは「ダメですよ!」と反論。「全米は常におマラ(マライア)を求めてるんですよ」と熱弁した。

さらに中尾ミエが「太ってるからあんな格好しなくてもいいのにね」と指摘すると、ミッツは「太ってて、ああいう格好してるからおもしろいんじゃないですか!」と主張する。

続けてミッツは「おマラは元々踊れないですから」「全米も20何年間、なにを見てきたんだって話」と語気を強めると「踊れないのにダンサーとこうやってやってるからおもしろいんじゃない」「もはや裸体で出てきてほしいぐらい」と訴えて、笑いを誘っていた。

【関連記事】
ミッツ・マングローブが小出恵介の話題を取り扱わないことに不満漏らす
ミッツ・マングローブ 神田沙也加の投稿を「お母さん譲り」と指摘
ミッツ・マングローブが「新宿2丁目」にまつわる衝撃的なウワサを語る