画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ロックバンド、リンキン・パークのボーカルであるチェスター・ベニントンさんが死去した。41歳だった。TMZの報道によると、現地時間20日午前9時頃にロサンゼルス・パロスベルデスの自宅で首を吊って死亡しているのが発見された。自殺とみられている。チェスターはわずか数日前に、バンド仲間とレコーディングスタジオにいたそうだ。

妻タリンダ・ベントレーとの間に3人、過去に交際していた女性との間にも3人の子供がいるチェスターは、薬物とアルコール依存に悩まされていた過去があり、子供のころに年上の男性から性的虐待を受けていたことから自殺を考えたこともあると以前告白していた。2011年にあるインタビューの中で「酒は飲んでないよ。もう、しらふでいることに決めたんだ。過去6年に渡って飲み続けてたけど、もうたくさんだ」「若い頃性的虐待を受けていたんだ。その時期は恐怖で震えていたよ」と語っていた。

リンキン・パークとしてだけでなく、デッド・バイ・サンライズ、2013年から2015年までの間はストーン・テンプル・パイロッツのフロントマンも務めたことのあるチェスターだが、ソロとしてはサンタナ、モトリークルー、DJ Z-Trip、ハンサムボーイ・モデリングスクールとコラボしている。また俳優として『ソウ ザ・ファイナル 3D』『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』への出演も果たしている。

(C)BANG Media International