練習試合で筑波大相手に得点したFW中野誠也

写真拡大

 ジュビロ磐田は21日、時之栖スポーツセンターで筑波大と練習試合(40分×3)を行い、3-2で勝利した。

 磐田の決勝点を奪ったのは、相手チームのエースだった――。

 MF藤川虎太朗とMF松井大輔のゴールで1本目を2-1でものにした磐田だが、2本目に2度目の同点弾を浴びるなど、天皇杯で快進撃を見せる大学生相手に苦戦。しかし2本目の終了間際の40分、来季の入団が内定、今季は特別指定選手として参加している筑波大FW中野誠也がゴールを破る。3本目は0-0だったため、中野のゴールが決勝点になった。

 新潟県十日町でキャンプ中の横浜F・マリノスは福島県社会人リーグ1部のいわきFCと練習試合(30分×3)を行い、3-0で快勝した。3本すべてを1-0で勝利し、1本目はMF天野純、2本目はMF前田直輝、3本目はMFダビド・バブンスキーが得点を決めた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ