価値あるものを見極める!人が幸せになれるお金の使い道とは

写真拡大 (全6枚)

幸せなお金の使い道って考えたことはありますか?「幸せはお金では買えない」と巷では言われていますが本当にそうでしょうか?大抵のことはお金で解決できることもまた事実です。お金と幸せの間にはどんな繋がりがあるのでしょう。今回は、どんなお金の使い道が人を幸せにするのかご紹介します。

ショッピング

セールまで待つ人も、待たない人もお買い物は、幸せなお金の使い道のひとつです。

ここから、ここまで!みたいな大人買いをしなくても充分楽しいですよね。

お気に入りのアイテムに出会えたり、狙っていたものがセール価格になっていると幸せな気分になれます。

もっと高額商品、例えば家や車などのお買い物は、幸せになれること間違いなしです。

 

貯金

当然のことですが、お金は使うと無くなってしまいます。

実は「貯金」は一見地味ですが、幸せなお金の使い道のひとつです。

お金を使わないことが幸せな使い道って、なんだか奥が深いですよね。

ずっしりした貯金箱の重みを感じたり、ゼロがいくつも並んだ貯金通帳を見るのは至福のひとときという方も多いのではないでしょうか。

 

投資

貯金したらお金の額は減らないけど、ずっとそのままで勝手に増えたりしません。

元金は減らしたくないけど、増やしたいという時は「投資」という手があります。

ただ失敗すると、ゼロどころかマイナスになってしまうこともあります。

魅惑的な「ハイリスク・ハイリターン」な商品にもご用心。

ウマい話には裏があるものです。

堅実な「投資」を目指しましょう。

 

旅行

大好きな町や風景は、何度訪れてもいいものです。

季節ごとの自然の移り変わりや、ご当地のグルメなどたまりませんね。

普段は節約して、旅行先ではパーッと財布のひもをゆるめるのも、幸せなお金の使い道です。

 

寄付

意外に感じるかもしれませんが、チャリティへの寄付も幸せなお金の使い道のひとつです。

何か形として手元に残るわけではないのですが、不思議と充実感があるものです。

寄付金の額は、多くなくても構いません。

気持ちを込めて寄付することで、自分も他人も幸せになれますね。

 

幸せになれるお金の使い道についてご紹介しました。

自分にとってお金を出す価値があるのか考えてみることが大切です。

また、自分のためではなく、他人のためにお金を使うことも時には幸せになれますね。

 

関連記事

豊かな人生のために。お金以外で蓄えておきたい3つのこと。

1年間で100万円貯金できる?貯金額の目安とおすすめ節約術3選