ネイマールの将来は不透明となっている

写真拡大

FCバルセロナは、ネイマールのPSG移籍の可能性について何があっても交渉の余地はないと考えている。

【関連記事:ネイマール移籍で11億儲け】

クラブ・ブラウグラナはここ数日、ネイマールの契約解除金が最後の契約更新によって2億2,200万ユーロ(約289億4,000万円)に設定されている事を強調しており、その金額から1セントたりとも値引きする気はない。
ネイマールはクラブ戦略において重要な選手の1人であり、完全に譲渡不可な存在と考えられている。

ネイマールの周囲とPSGの交渉に関する報道に対して、バルサはファイナンシャルフェアプレーの規則に背く事なく、ネイマールの契約解除金を支払う事ができるクラブは1つもない事を確信している。

ネイマールは自身の去就について沈黙を貫いている一方、バルサは彼を戦力として数えており、彼の売却が頭によぎった事はないと公の場で主張している。設定された契約解除金はPSGの前に大きく立ちはだかるが、このフランスのクラブは今夏中にネイマールを獲得するためにその金額を支払う方法を検討している。