ユニクロ、H&Mの母国スウェーデンに進出か

写真拡大

 「ユニクロ(UNIQLO)」が、「H&M」の本拠地であるスウェーデンに上陸するという情報が、現地メディアにより報じられた。
 スウェーデンの経済誌「Veckans Affärer」によると、首都・ストックホルムの中央駅にほど近い大通り沿いに面したテナントが今秋退去することから、ユニクロ出店の噂が浮上。通りにはH&Mをはじめ、すでに上陸している「ザラ(ZARA)」や大手百貨店の「NK」が店舗を構えている。ユニクロのスウェーデン上陸は数年前にも噂が広まったが、いずれも店舗出店には至らなかった。 スウェーデンの衣料品における小売市場はH&Mが圧倒的なシェアを占めており、昨年の同ブランドの決算によるとグループブランド合わせ101億5,100万スウェーデンクローナ(約1,381億円)を国内で売り上げている。ユニクロを運営するファーストリテイリングの広報担当者は「現時点で伝えられる情報はない」と回答しているため、進出に関しては公式情報ではないようだ。2017年5月末時点、ユニクロはヨーロッパで、英国、フランス、ロシア、ドイツ、ベルギーの5カ国で計55店舗を展開。同じく競合ブランドとされているZARAの本拠地・スペインには、今年秋に初出店することが決定している。