【オネエが斬る!】あいまいな関係が苦しい?アンタから白黒つけなさい!

写真拡大

片思いしている相手の気持ちがわからない……そんな悩みは少なくない。脈があるのか、ないのか。諦めたほうがいいのか。それぞれ状況は異なるが、片思い中に苦悩はつきものだ。「教えて!goo」にも、「同居している片思いの男性の気持ちがわからない」という質問があった。質問者は、片思い中の彼と同棲しているがカラダの関係はなく、彼は別の既婚女性と不倫中の様子。彼女はどうしたらよいのだろうか。多くの恋愛模様を見つめ、アドバイスしてきたagari先生に聞いてみた。

■あいまいな関係こそ、互いに都合がいいだけよ

質問を読んだagari先生は「都合がいいだけじゃない?」と苦笑を漏らした。おっと、これは雲行きが怪しい……?

「いや、怒らないわよ。怒らないけどさ、このオトコ、ハタから見たらただのクズよね。最初に断られたから相談者には手は出してない……ってだけで、イチャイチャはしている。まぁどこまでのイチャイチャなのかは知らないけどさ。それでいて別の不倫関係になるオンナとしているんでしょ。ただのヤリチンじゃない? どこがいいのかしら。もしかしたら相談者さん、彼を好きな状態から同棲をはじめちゃったから、悪いところを見ないようにしているだけなんじゃないの?」(agari先生)

バッサリと斬り捨てるagari先生。やっぱり、付き合ってもいない人と同棲するのってよくないんですかね?

「問題はそこじゃないわ。ルームシェアするだけならOKだけど、恋心を持っていたらNG。うまくいくはずがないじゃない。だいたい、このオトコがクズなのは確かだけど、この相談者もけっこうしたたかなオンナよ。事実上の彼女とか奥さんみたいなポジションが確保できるかもって、オトコの部屋に転がり込むメリットがあったわけでしょ。いずれにせよ、相談者も今の状態にモヤモヤしているっていうけど、どこか安心感があるんじゃないかしら。だって、ナンチャッテ結婚みたいな感じでしょ。『一緒に暮らしていたら、どうにかなるかも』っていう打算も、どこかにあるのかもね」(agari先生)

実際に、「同居生活自体は楽しい」とのコメントがある。このまま一緒にいれば、思いが伝わって振り向いてくれるのだろうか。

「ダメダメ。はっきり言うけど、無いわ。それ以前に、こんなオトコは捨てて、別にいったほうがいいと思うけど」(agari先生)

agari先生は真剣な表情で「別れたほうがいい」とキッパリ。

■状況を変えたいなら、相手のオンナと同じ土俵に立ちなさい!

でも同棲中に限らず、あいまいな関係に悩んでいる人って、けっこう多いと思うんですよね。

「そもそもね、互いに都合がいい部分があるからあいまいな関係が続いちゃうの。そのままじっとしていても、何も変わらないわよ。たとえばこの相談者だって、気持ちを隠しているわけでしょ。恋愛関係にあるかもしれない不倫関係のオンナと、同じ土俵にも立ってないわけ。関係を壊したくないからって、告ることもしないで悶々としているオンナってけっこういるけど、だからダメなのよ。クズから見れば、『好意は伝わってくるけど面倒なことは言ってこない相手』なわけじゃない。都合がいいだけよ」(agari先生)

つまり、ズバリ告白したほうがいい、と!

「まず、こんな男に告る価値があるのかは置いておいて、相談者さんがそのクズをモノにしたいのならば、相手のオンナと同じ土俵に立って、正面から戦うべきよね。話はそれからよ。今の状況にモヤモヤするぐらいなら、自分で場面転換をさせなくちゃ!」(agari先生)

agari先生の意見は、「こんなオトコなんか捨てて、別にいったほうがいい」が基本路線だった。その上で、どうしても諦められないなら、当たって砕けるべきとのこと。皆さんの見解はいかがだろうか。

【今日の agari 先生の名言】あいまいな関係に悩んでいるオンナは必読!
「恋愛は舞台、オンナは女優。舞台に立つのか、劇場を去るか。あいまいな立ち位置でズルズル居座っているだけじゃ老いてしまうだけ。終幕に気がついているのなら席を立たなきゃ」

●恋愛アドバイザー:agari
普段はアート関係の仕事に従事。「人の悩みは蜜の味」と感じる性格が災いし、LGBTの悩みや、男女の恋愛問題に首をツッコミ、勝手に叱咤激励してきた。自身を「恋にこじれてもはや持病」と評し、他人へのアドバイスだけはお手の物。夜な夜な素敵な男性を求めて上野界隈のバーに出没中。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)