画像提供:マイナビニュース

写真拡大

KEF JAPANは7月21日、東京・丸の内仲通り沿いの新有楽町ビル1Fに「KEF MUSIC GALLERY」をオープンした。KEFブランドとして、国内初のショールームとなる。

KEFは、BBCの電気技術者だったレイモンド・クック氏が英国ケント州メイドストーンに設立したオーディオブランド。忠実な原音再生をモットーに掲げており、高音質なスピーカーづくりに定評のあるブランドだ。

KEF MUSIC GALLERYでは、2,100万円のフラッグシップスピーカー「MUON」が入り口で来店者をお迎え。奥にはリファレンススピーカー「Blade」はじめとするオーディオシステムが展示されている。

ポータブル系の製品は、展示・試聴だけでなく、その場で購入することも可能。コンパクトなBluetoothスピーカー「MUO」のメタルモデルは同店限定販売となっている(通常モデルの45,000円より、ちょっと高くなる予定とのこと)。ハイレゾ再生が可能なのDAC内蔵、Wi-FiとBluetoothに対応したワイヤレススピーカー「LS50Wireless」も押していきたい製品とのことだ。