横山だいすけ

写真拡大

 NHK・Eテレの「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さんとして活躍し、今春に同番組を卒業した横山だいすけ(34)が21日、ブログを更新し、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演して燃え尽きたことを明かした。

 横山は同番組に収録の際の「小話を」として、「ダウンタウンDXに出させていただいた時、スペシャルということでたくさんの方とご一緒させていただきました」と振り返った。「すごい人たちばかりで緊張、緊張でしたが、みなさんとお話ししたりしてなんとか無事に終わりました」と慣れないバラエティー番組で冷や汗をかいたことを告白。

 「全国にパジャマを披露したり、アキラ100パーセントさんのおぼん芸を教えてもらったり とっても充実した収録でした」と楽しんだことを明かした。

 しかし、横山は「そして燃え尽きました…」と畳の上にうつぶせになった写真を掲載。「誰か、オラに…オラに水を」と水を求めるコメディータッチな写真も掲載し、ダウンタウンらとの共演で精も根も尽き果てたことを記した。