独自動車大手フォルクスワーゲン傘下アウディのロゴ。タイ・バンコクで開催された国際自動車ショーで(2017年3月29日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車ブランド、アウディ(Audi)は21日、ディーゼル車最大85万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。同社はリコールにより排ガスを低減する措置を行うという。

 アウディの声明によると、北米を除く欧州などの市場に投入されていた、リコールの対象となるアウディ、VW、同じVM傘下の高級車ブランド、ポルシェ(Porsche)のディーゼル車には無償で、排ガスが実際の運転状況において既存の法定基準をさらに下回るよう改善するためのソフトウエアのアップグレードが行われるという。

 数日前には同じ独自動車大手ダイムラー(Daimler)が傘下のメルセデス・ベンツ(Mercedes Benz)、ベンツ傘下のスマート(Smart)が欧州で販売したディーゼル車300万台以上をリコールすると発表した。
【翻訳編集】AFPBB News