コスモポリタン アメリカ版の人気男性ライターが、女子の悩みに本音で答える相談コーナー。今回の相談者は、自分と彼氏の将来の夢にギャップがあることに悩む女子から。

Q. 今の彼と付き合って7カ月になります。お互い愛し合っていますが、付き合い始めからずっとくすぶり続けている問題があります。それは、2人の将来の目標に隔たりがあること。いずれ、結婚して子供を持ちたいという点は共通していますが、私は実家のある州にずっと住んでいたいと思っているのに、彼はアメリカ国内外を旅行するのみならず、いろいろな場所に住みたいというのです。この話題が出る度に激しい口論に発展するので、フラれるのではないかと心配です(彼は以前、勢いで別れるようなことは絶対ないと言ってくれましたが)。

もう、どうやって話し合ったらいいのか、どうすれば解決できるのか分かりません…。話し合いの仕方と、この先どう進めばいいのかアドバイスをお願いします。

A. あなたの言い分はよく分かります。人によって求めるものが違うのは当然のことですよね。大事なことは、自分にとってこれだけは譲れないという点を明らかにすること。そして、彼に対して「この人は運命の人じゃないかもしれない」と感じることに目をそらすのはやめましょう。ツラいことかもしれないけど、それはある意味健全なことでもあるんですから。

でも、どんなにうまくいっているカップルでも、妥協は必要なもの。大学生でも、会社員でも、カップルでいる以上は、遠距離恋愛、生活の変化、家族の病気、人生がガラリと変わるような成功など、あらゆることに対する折り合いは避けては通れません。

でも、希望や夢について話し合う場合、2人を引き裂く相違点だけに注目するのは止めましょう。むしろ、融通を利かせたり、妥協したり、2人をつなぐ根本的な価値観などが見いだせる点を探したりしてはどうでしょうか? 2人が困難を乗り越えようと決めたのなら、生きている以上、変化は決して避けられないものだ、ということを認識しましょう。意見が合わないことがある度にいちいち立ち止まって入られません。

そもそも、付き合ってまだ7カ月しか経っていないのであれば、現時点で2人の希望や夢が100%マッチしているかどうかなんて確信できなくてもいいんです。むしろ、付き合ってたった7カ月しか経っていないのに、すでに結婚や子供を持つことでお互いが同意していることはとても良いことだと断言できます。50年先までコミットしなきゃいけないわけじゃないし、そんなに先まで計画を立てたところで、いずれ頓挫するのは目に見えていますよね。

ただ、現時点でどのように話し合いをすべきかあなたにアドバイスをすることは躊躇してしまいます。だって、歳を重ねるにつれて、考えは変わるものだから。むしろ今、この問題について話し合う必要自体ないと思います。人生は常に変化するもので、常に何かしらすべき決断について悩みがつきまとうもの。人生ずっと明日のことについて悩み、今日を台無しにして過ごそうと思えば、いくらでもできます。できる限り、今この瞬間に正しいと思える決断をすればいいんです。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN US