21日、トランプ米大統領の「安倍首相夫人はハローも言えない」発言に、中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。

写真拡大

2017年7月21日、トランプ米大統領の「安倍首相夫人はハローも言えない」発言に、中国のネットユーザーが反応を示している。

報道によると、昭恵氏の英語力についてトランプ大統領が語ったのは19日に受けた米紙ニューヨーク・タイムズの取材の中。今月開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議の夕食会について述べた際、自身の隣に座った昭恵氏について「素晴らしい女性だが英語を話さない」「ハローも言わないくらいだ」と説明したと伝えられた。

この報道をめぐっては「英語ができないと見せかけてトランプ大統領との会話を避けたのでは?」などとの見方も出ており、中国メディア・観察者網は昭恵氏が2014年に英語でスピーチをしていることや、聖心女子専門学校英語科卒であることなどを指摘。

中国のネットユーザーが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に寄せたコメントを見てみると、「フェイクニュース」「相手をするのが面倒だったんだろう」という声や「日本のファーストレディは首相より個性的」「トランプ大統領、なんだか悔しがってるみたい」という声、「日本式の英語は聞き取りにくいから。でも、聞き取れなかったとしても『英語が話せない』って言うのは…」「日本の飲食店に入った時、英語で『ドリンク』と言われたけど最初は何のことだか分からなかった」「日本人も中国人と一緒。すぐに何かのフリをする」などのコメントもあった。(翻訳・編集/野谷)