「あなたの街に聞きに幾三!!」の福島ロケを終えて帰京し会見した吉幾三とあばれる君

写真拡大

 演歌歌手の吉幾三(64)が21日、CS放送・歌謡ポップスチャンネルの特別番組「あなたの街に聞きに幾三!!〜ありがとうを歌に込めて〜」(9月18日放送)の会見を都内で行った。

 「家族への感謝の思い」を寄せた視聴者が住む街を訪れるドキュメンタリーで、約1年ぶりの第2弾。今回は愛知と福島を訪れ、19日から3日間のロケを終えて帰京したばかりで「いやあ、本当に疲れた。暑かったし、(飲みすぎて)ほぼ記憶にねえなあ」とおどけた。

 福島には吉の指名で同県出身のお笑いタレント・あばれる君(30)が同行し、「芸能界で初めてご指名を受け、こんなに光栄なことはない。今までは無人島に連れて行かれるか、臭い虫を食べさせられてばかりだったけれど、今回はご褒美ロケでした」と満面の笑み。だが吉は、「(福島出身の)西田敏行と中畑清が忙しかったからだよ。3番目」とボケ倒した。

 もともとはYouTubeでネタをチェックするほどのあばれる君ファンで、「いい男だよ。あれこれ買ってと言わなければ素晴らしい男。長男みたいなものだね。それにしても金かかったなあ」と、お土産を大量に買わされたことを笑いながら告白。あばれる君も、「吉さんは、“THIS、THIS”と言って買い方がマイケル・ジャクソンと一緒。皆を笑顔にしていくし、もう福の神です」とあがめた。次回のロケがあった場合も一緒に行く約束を酒席でしたそうで、吉は「45年歌ってきたからこそ、こういう仕事ができる。いろんな方に会えて幸せだし、日本人はいい方ばかり。1年に1回と言わず、1カ月に1回くらいやろうよ」と意気軒高だった。