トップ合格から1年… 永井花奈がツアー生活を振り返った(撮影:米山聡明)

写真拡大

<センチュリー21レディス 初日◇21日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,567ヤード・パー72)>
来週はいよいよ最終プロテスト。勝みなみ、新垣比菜ら黄金世代の結果に今から注目が集まっている中、昨年のプロテストを1位で合格した永井花奈が、この1年間を振り返った。

「早いです、あっという間でしたね」というのが一番の感想。続けて「プロとしてすごく順調に来ていると思います。テストが終わってから思うようにいかないところもあったけど、今は良くなってきてるので、全てがうまく行かなくても仕方ないのかなと思えるようになりました」とうなずいた。
さらに、「目標として勝ちたいというのはアマの頃から変わってないし、プロになったのは通過点で今もその気持ちは変わってない。アマチュアの頃みたいにピンポイントで参加してるのとは違うけど、毎試合楽しいです」。目標に向かうことも楽しみながら頂点を目指している。
そんな永井は両親と共に転戦中。今年の6月に20歳になったことも楽しみが増えた要因の1つだとか。「お酒が飲めるようになって、家族みんな飲むので楽しく回ってます。最初はビールであとはワインが好きですね。酔うと良くしゃべってると思います。色々なところに行って、食べて飲んで転戦するのも楽しみの1つです」。
圧巻のトップ合格から1年。永井はプロ生活を満喫しながら頂点を目指している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>