6アンダー単独首位にたった渡辺司

写真拡大

<ヴィクトリアゴルフグランドマスターズ 2017 Powered by アンダーアーマー 初日◇21日◇矢吹ゴルフ倶楽部(6,565ヤード・パー72)>

 公益社団法人日本プロゴルフ協会の後援競技「ヴィクトリアゴルフグランドマスターズ 2017 Powered by アンダーアーマー」(主催:ゼビオグループ、共催:一般財団法人日本スポーツ振興会、特別協賛:株式会社ドーム[アンダーアーマー])が8月21日、福島県の矢吹ゴルフ倶楽部で開幕。同大会は昨年に続き、2回目の開催。21、22日の2日間にわたり、両日ともプロアマ形式で行われ、プロの部は36ホールストロークプレーで雌雄を決する。優勝賞金は100万円。

 初日トップに立ったのは、6アンダーをたたき出した渡辺司。「(6アンダーに)自分でもどうしたんだろうと思うよ(笑)。精いっぱいやって、いいときがあれば悪いときがあるのがゴルフ。明日のバックナインでチャンスがあるようだったらワクワク、ドキドキを楽しみたいね。この年齢になるといつまでワクワク、ドキドキを楽しめるか分からないから」と笑顔を見せた。

 2打差・2位タイには、山本善隆と矢部昭。ディフェンディングチャンピオンの牧野裕は3打差・4位につけ、「前半ボギーが二つ先行したことを考えれば、上々の滑り出し。明日はあまり意気込まず、自分のいいプレーをしたい」と最終日の展望を語った。なお、明日の最終日にはさまざまなイベントが開催され、入場料は無料となっている。
 初日の結果は以下のとおり。
【初日の結果】
1位:渡辺司(‐6)
2位:山本善隆(‐4)
2位:矢部昭(‐4)
4位:牧野裕(‐3)
5位:草野忠重(‐2)
5位:佐藤剛平(‐2)
7位:伊藤正己(‐1)
7位:福沢孝秋(‐1)
7位:三好隆(‐1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【北野正之レッスン】アイアンのダフリ・飛ばないを解決
【片山晃レッスン】ドライバーが250ヤード飛ばない理由とは?
高野コーチの未来のゴルフ考 ―米国最先端理論からの誘い―
TOSHI HIRATA 誰も言わなかったゴルフスイングの真実
ツアープロたちの19番ホール【スターツシニア編】