【詳細】他の写真はこちら

他人とひと味ちがう、レアな両面iPhoneを入手するチャンス。

ソフトバンクが運営するユーザー参加型ショッピングサイト「+Style」に、電子ペーパー(E Ink)を搭載した『iPhone 7』用ケース『InkCase i7(インクケース・アイ・セブン)』が登場しました。このケースの特徴は背面に搭載された電子ペーパーディスプレイを利用して、電子書籍や壁紙、それにウィジェットを表示できること。1万2787円(税込)で、限定200個の販売が行われています。

見やすい電子ペーパーで読書が楽になる





『InkCase i7』は背面部分に4.3インチ、横480x縦800ドット(217dpi)の電子ペーパーディスプレイを搭載。この電子ペーパーは通常の紙と同じように周囲の光を反射して画面表示を行なうので、目に優しく日光下でも見やすいという特徴があるんです。また画面には日光を吸収し反射する「防眩スクリーン」を採用し、日光下での見やすさをさらに向上させています。

搭載された「e-Reader(電子書籍)機能」では、背面ディスプレイをタッチしながら快適に読書が楽しめるとのこと。e-Readerのファイル形式はePubとtxt形式の両方に対応しています。

ウィジェット表示でもっとiPhoneを便利に





iPhoneと背面ディスプレイの連携はBluetooth経由で。「Live Information Center(ライブ・インフォメーション・センター)」機能を利用すれば、時計やタスクリスト、カレンダー、アクティビティトラッキングのデータをウィジェットとして背面ディスプレイに表示できるようになります。ニュースリーダーアプリの「Pocket」と連携させれば、「Read It Later(リード・イット・レイター)」機能でニュース記事を保存し、文字通り後から背面ディスプレイで読むことが可能です。

専用アプリ「InkCase」では、カメラで撮影した画像や手持ちの画像を加工し、背面ディスプレイに転送して壁紙に設定できます。壁紙の変更は背面ディスプレイ上のタッチパネルでも簡単に行えます。

タフな本体が頼もしい





スマホケースとしてもかなり頑丈そうですし、背面ディスプレイには硬度9Hの保護コーティングが。生活防水にも対応していますし、これなら安心してポケットに放り込んで持ち運べそうです。



文/塚本直樹

関連サイト



『InkCase i7』製品情報ページ