Netflixオリジナル映画『ブライト』ウィル・スミス(左)演じる人間と、ジョエル・エドガートン(右)演じる“怪物オーク”の最強バディアクション大作。12月22日より世界同時配信

写真拡大

 数々のハリウッド大作に出演し、大の親日家としても知られる米俳優ウィル・スミス。日本でも大ヒットした『バット・ボーイズ』シリーズや、『メン・イン・ブラック』シリーズなどで熱いバディアクションを演じてきたウィルが、Netflixオリジナル映画『ブライト』(12月22日より世界同時ストリーミング配信)で初めて人間以外のキャラクター、“怪物オーク”とコンビを組む。その“フツーじゃない!”新場面写真&予告編が公開された。

【動画】ウィル・スミス主演『ブライト』予告編

 人間とさまざまな種族が入り乱れて生活する、今まで見たこともないような街並みや暮らしが営まれている“もう一つの世界”のロサンゼルスが舞台。異なる種族の警察官、人間のウォード(ウィル)と、怪物オークのジャコビーは、巡回中のある夜に起きた事件で、謎の少女と魔法の杖(マジック・ワンド)に出会い、地球の運命をも左右する大きな事件に巻き込まれていく。

 妖精(フェアリー)などもいる世界で、種族間の衝突を乗り越え、正体不明の敵や謎の生物たちと戦いながら事件の全貌に迫っていくスリリングなスペクタクルアクション大作だ。

 麻薬組織とのバトルや宇宙人の侵略など、数々の修羅場を相棒とくぐり抜けてきたウィルだが、今作ではお世辞にも良い警官とは言えなそうなウォードを熱演。人間の警官仲間から疎まれている怪物オークのジャコビーとタッグを組むことになるドラマにも注目だ。

 インパクトのある特殊メイクでウォードの相棒を務める警察官ジャコビーを演じるのは、『ゼロ・ダーク・サーティ』や『華麗なるギャッツビー』にも出演しているジョエル・エドガートン。監督はウィル・スミス主演の『スーサイド・スクワッド』やブラッド・ピット主演の『フューリー』などを手掛けたデヴィッド・エアー氏が務める。