“再び善行”ユ・ジェソク、集中豪雨で被害を受けた被災者のために5000万ウォン寄付

写真拡大

ユ・ジェソクが忠清北道清州(チョンジュ) など中部地方の被災者のために寄付5000万ウォン(約500万円) を寄付した。

21日、希望ブリッジ全国災害救護協会によるとユ・ジェソクは、16〜17日の集中豪雨で被害を受けた中部地方の住民のために使ってほしいと、寄付金5000万ウォンを希望ブリッジに伝達した。

ユ・ジェソクは、持続的に災害の被害に遭った隣人を助けた。昨年10月には台風18号で被害を受けた隣人のために、12月には大邱の西門市場の火災事故で被害を受けた人々のために寄付をした。また、2014年からは慰安婦被害者であるお婆さんたちのために、ナヌム(分かち合い) の家に2億1000万ウォンを後援した。

また、この日の午前にユ・ジェソクが最近、ナヌムの家に旧日本軍慰安婦被害者人権センター建設費に5000万ウォンを後援した事実が知られた。