米首都ワシントンのホワイトハウスで演説するドナルド・トランプ大統領(2017年7月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米上院情報特別委員会(Senate Intelligence Committee)のマーク・ワーナー(Mark Warner)副委員長(民主党)は、昨年の米大統領選に対するロシアの介入疑惑の捜査をめぐり、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が、捜査が及ぶ可能性のある側近らの恩赦を検討しているとすれば「非常に憂慮すべきことだ」と述べた。

 米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)の20日付の記事によると、元連邦捜査局(FBI)長官のロバート・モラー(Robert Mueller)特別検察官が指揮する捜査に関連し、トランプ氏が「側近や家族、さらにトランプ氏自身を恩赦する大統領の権限」について顧問らと相談しているという。ワーナー副委員長の発言はこの報道を受けたもの。

 同紙が複数の匿名の情報筋の話として伝えたところによると、トランプ氏の弁護士らは「捜査の封じ込め」を試み、「彼(ミュラー氏)の仕事を妨害」するため、ミュラー氏にとって潜在的に利益相反になると疑われる事例を収集しているという。

 ワーナー副委員長は声明で、2016年の大統領選に対するロシアの介入は「われわれの民主主義への攻撃だ。上院情報特別委員会とミュラー特別検察官は共に、ロシアとトランプ陣営に関連を持つ人物らの間に何らかの協調関係がなかったかどうかを現在調べているところだ」と述べた。

 ワーナー副委員長は「今まさに捜査が行われているこの早い段階でトランプ氏が恩赦を検討している可能性があるということは、非常に憂慮すべきことだ」と批判。「(ロシア疑惑に)関わっていた可能性のあるいかなる人物に対しても、恩赦すれば一線を越えることになる」とけん制した。
【翻訳編集】AFPBB News