ロックバンド「Linkin Park」のボーカル、チェスター・ベニントンの急逝が伝えられたが7月21日、海を隔てた日本の芸能界からも、その早すぎる死を悼む声が続々と寄せられている。

R.I.P #Repost @linkinpark (@get_repost)

A post shared by Hyde (@hydeofficial) on

 まず、人気アーティストのhydeは同日に「R.I.P」と哀悼の意を示しつつ、自身のインスタグラム上に彼の画像を投稿。人気歌手・きゃりーぱみゅぱみゅも、「ちょっと信じられない。私はお会い出来たことを忘れません。。R.I.P.」と、彼と逢った際の記念ショットをtwitter上で公開することに。また、モデルや女優として活躍中の高橋メアリージュンも「We love you Chester.RIP.とにかく大好きだった。」と、その熱狂的なファンとしての言葉を、彼の画像に添える形でインスタグラム上に投稿するなど、実に様々な形で、日本の芸能人からの声が寄せられることとなった。

 また、自身が「影響を受けたアーティスト」として、Linkin Parkを挙げ、今秋に予定されている彼らの来日公演で、ゲストとして全日程の出演が決まっていた人気バンド・ONE OK ROCKのボーカル・Takaは、英文でのメッセージに添える形で「悲しすぎて。もう空っぽです。まだ信じられない。もうすぐ会えると思ってたのに。」と、数ヵ月後の共演が適わなかったことについて、その喪失感をコメント。

 「彼は僕らがバンドをやる理由を作ってくれた人。残念でたまらない。でも彼はいってしまいました。彼の家族!メンバー!彼に関わる全ての人々に愛を送ります!そして心からご冥福をお祈りします。」と、その死を悼むこととなった。

 このほかにも、GLAYのTERU、湘南乃風のSHOCK EYE、RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎や、SEKAI NO OWARIのギター・Nakajin、RIZEのドラマー・金子ノブアキなど、彼をこよなく愛してきた面々や、影響を受けた多くのアーティストたちがコメントを発表。そのあまりに早すぎる突然の死を、それぞれが受け入れ難い気持ちであることを示すこととなった。