2017年7月5日に九州を襲った、記録的豪雨。多くの住宅が倒壊し、行方不明者や死者が出ました。

被災地で生活をしている人を、多くの自衛官たちが支え続けています。

陸上自衛隊による『入浴支援』の様子

2017年7月18日、陸上自衛隊のTwitter公式アカウントは、福岡県で撮影した4枚の写真を投稿。

そこに写っていたのは、行方不明者捜索に励む、鹿児島県薩摩川内に駐屯する第8施設大隊。そして、入浴支援に励む東北方面隊から派遣された第5施設団隊員の姿でした。

行方不明者捜索に励む第8施設大隊

瓦礫をどかし、泥水の中を進む自衛官たち。彼らは、無事を祈る人たちの思いを背負い、毎日行方不明者を捜索しています。

出典:@JGSDF_pr

出典:@JGSDF_pr

入浴支援に励む第5施設団隊員

男湯には男性自衛官、女湯には女性自衛官がそれぞれ立ち、被災者に笑顔を向けています。

出典:@JGSDF_pr

出典:@JGSDF_pr

設置した仮設銭湯には入れない自衛官たち

grapeでは、過去に『自衛隊は被災地などに仮設銭湯を設置しても入らない? 元自衛官に聞いてみた』という記事を掲載しています。

「陸上自衛隊の支援任務の際は、仮設銭湯を設置しても自分たちは入らない?」という噂に対し、元自衛官はこのように述べました。

被災者の方々に向けての仮設銭湯なので、自衛官は現地で利用しません。

現地での活動は、もちろん汗だくでへとへとになりますが、風呂には入らず、身体をウェットティッシュなどので拭き取ります。

なんと設置した仮設銭湯を、災害派遣された自衛官たちが使うことはできないというのです。

真夏日の力仕事は、予想以上に体力を消耗します。にも関わらず、彼らは湯で汗を流すことすらできません。

被災者だけではなく、現地の自衛官たちも大変な思いをしているはず。彼らにも、ホッと息をつくひと時を与えてほしいと感じます。

[文・構成/grape編集部]