画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アウディ ジャパンはこのほど、「オートモビルカウンシル 2017」に初代アウディ「クワトロ」のラリー仕様車「スポーツ クワトロ S1」を展示するとともに、そのスポーツ性能の伝統を継承する新型「RS 5 クーペ」を日本初公開すると発表した。「オートモビルカウンシル 2017」は8月4〜6日に幕張メッセで開催される。

「RS 5 クーペ」は、「R8」「RS 6」などアウディのハイエンドスポーツモデルを手がける「Audi Sport GmbH」が開発した「A5」シリーズのトップモデル。エンジンは先代の4.2リットルV8 DOHCに代えて、新開発の2.9リットルV6ツインターボエンジンを採用。最高出力は450PSを誇る。0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は280km/hに達し、同時にアウディ独自の燃焼方式であるBサイクルを採用することで、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)で100km走行あたり8.7リットル(11.5km/リットル)の低燃費を実現した。

フロントサスペンションは改良型の5リンク式となり、リヤも5リンク式を採用することで、スポーティな走行特性と俊敏なハンドリング、さらに快適性も大幅に向上している。DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付スポーツサスペンションプラスや、状況に応じて走行特性を調整可能とするアウディドライブセレクトも標準装備となっている。新型「RS 5 クーペ」は今秋日本で発売予定であり、予定価格は1,257万円(税込)。

「オートモビルカウンシル 2017」において、新型「RS 5 クーペ」は「スポーツ クワトロ S1」の伝統を受け継ぐ現代のモデルとして展示される。「スポーツ クワトロ S1」は、アウディが1981年から世界ラリー選手権(WRC)に投入した「ラリー クワトロ」の進化形として1984年から導入した車両。アウディはこの2タイプの競技車両によって1985年までにWRCで23勝を上げた。