サブ使いに重宝しそう!Chrome OS搭載のコンパクトPC

写真拡大

PCやマザーボードなどのPC向けパーツで世界的なシェアを持つASUS(エイスース)より、Chrome OSを搭載した手のひらサイズのコンパクトデスクトップPC「ASUS Chromebox CN62」が発売されました。

本体サイズは124mm×124mm×厚さ42mm、重量は約600gと、置き場所をわざわざ作る必要がないほどコンパクト。接続はHDMIケーブル(別売り)とDispleyPortの2系統で行うため、自室だけでなくリビングや寝室にテレビがあればすぐにPC環境が整い、さらにモニター2台使いのデュアルディスプレイでの利用も可能です。VESA規格のネジ穴があるディスプレイならPC本体をディスプレイの背面に取り付けられるので、モニター一体型PCのように使えます。

付属のキーボードとマウスはワイヤレスで接続するため、PC本体から多少離れた場所でも操作が可能。ケーブルがないので、使用後の片付けも簡単です。小さいボディながらインターフェース(外部接続端子)が豊富で、LAN接続は無線LANと有線LANポートの2系統、Bluetooth 4.0機能にUSB 3.1 Gen1 Type-A×4ポートと充実しています。

OSは高いセキュリティを持つChrome OSを採用。アップデートを意識することなく、常に最新の状態でPCを使用できます。Webサイト閲覧はもちろん、動画やアプリも違和感なく動くスペックの高さも魅力的。一般的なデスクトップPCに比べて消費電力が少なく、稼働時の静音性にも優れています。

家庭やオフィスでの共用PCだけでなく、万が一に備えてのサブPCとしても十分に機能しそうなミニPC。価格はオープンプライスです。

>> ASUS「ASUS Chromebox CN62」

 

(文/&GP編集部)