Photo by cinemacafe.net

写真拡大

スマートフォン・PC向け漫画サービス「サイコミ」にて連載中のツナミノユウの漫画「ふたりモノローグ」が、福原遥と柳美稀のW主演で10月より連続ドラマ化されることが決定。また10月の放送開始に先駆け、7月28日(金)にインターネットテレビ局「AbemaTV」にて第1話が先行配信されることも分かった。
原作「ふたりモノローグ」は、ある日の授業中、ネクラのJK・麻積村(おみむら)ひなたが、隣に座るギャル・御厨(みくりや)みかげを、10年前の友人だと気づいたところから物語がスタート。お互いにまた友だちになりたいと思いながらも、すれ違う日々をギャグと女同士の友情(恋?)を交えてコミカルに描く、新感覚の学園ドラマ。

今回のドラマ化では、ネクラJKの麻積村ひなた役を、『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』「グッドモーニング・コール」など女優としてだけでなく、「キラキラ☆プリキュアアラモード」で声優、「もしもツアーズ」では3代目ツアーガイドに就任と、幅広く活動する福原さん。またギャルな御厨みかげ役を、「動物戦隊ジュウオウジャー」のセラ/ジュウオウシャーク役で注目された柳さんが演じる。

福原さんは、「最初に漫画を読ませて頂いて、ひなたとみかげ2人の関係が友人みたいな、恋人みたいな独特な世界観で、本当に面白くて、今回ひなたを演じさせて頂けるのが、すごく嬉しいです」と今回の出演を喜び、「この2人の世界観をそのまま再現できるように、みかげと一緒に一生懸命演じていきたいです」と意気込み。さらに「モノローグでお互いの思いを表現するのがいまからどんな風になるのかとっても楽しみです」とコメント。

一方、初めての主演だと言う柳さんは、「ドキドキと不安が入り混じっていましたが、監督やスタッフの皆さんが親身に話を聞いてくれて、いまは毎回の撮影が楽しみになっています!」と話し、「モノローグで話が進んでいくドラマというのも初めてですし、初尽くしの柳美稀を観ていただけると嬉しいです」と語っている。

「ふたりモノローグ」は10月より配信予定。※7月28日(金)22時45分〜、第1話をAbemaTVにてを先行配信。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
福原遥、19歳の誕生日に3冊目の写真集発売へ!「1年間の成長も感じて」
福原遥、映画初主演!『女々演』沖縄国際映画祭で上演
福原遥、「もしツア」3代目ガイドに就任! 平祐奈&伊藤萌々香も新レギュラーに
飯豊まりえ、渡部篤郎と禁断のキス!「パパ活」スキャンダラスな場面写真解禁
仲間由紀恵&山本耕史、『ジュラシック・ワールド』新吹替を担当!