イ・ソンビン、映画「猖獗」への出演を確定…“とても光栄です”

写真拡大

女優イ・ソンビンが映画「猖獗(チャングォル) 」(監督:キム・ソンフン) のヒロインに最終抜擢された。

イ・ソンビンは夜にだけ活動する“夜鬼”のはびこりを防ぎ、朝鮮を救うために奮闘するイ・チョン(ヒョンビン) の活躍を描くアクション大作「猖獗」のドクヒ役で出演を確定した。

イ・ソンビンはこの映画で紅一点になり、チョ・ウジンが演じるパク従事官の妹で射手のドクヒ役を演じる。力のある節制されたアクションと、時代背景に相応しい端麗な魅力を同時に見せてくれる存在感のあるキャラクターだ。

今までにない新たな素材と歴代クラスのスケール、そしてヒョンビン、チャン・ドンゴン、チョ・ウジンなど韓国映画界最高の俳優たちの出会いで、製作段階から話題を集めている。

「猖獗」のヒロインの座に就いたイ・ソンビンは、所属事務所のウェルメイド・イェダンを通して「素敵な作品の魅力的なキャラクターで出演できて、とても光栄です。私の情熱を高く評価し、チャンスを与えてくださっただけに、より一生懸命に準備して、いい姿を見せられるように努力します。楽しみにしていただきたいです」とキャスティングの感想を明かした。

また、イ・ソンビンは捜査劇と詐欺劇の組み合わせを見せてくれた「元カレは天才詐欺師〜38師機動隊〜」の詐欺師チョ・ミジュ役で見せた格別なキャラクターの理解力と安定的な演技はもちろん、様々なバラエティ番組での率直で多彩多能な姿で一気に“ライジングスター”となり、精力的な活動を続けている。韓国で7月26日から放送が始まるtvN水木ドラマ「クリミナル・マインド」の出演に、今回のキャスティングまで伝え、デビュー1年半ぶりにお茶の間とスクリーンを行き来する名実ともに人気女優であることを証明した。これからの活躍に、より期待が集まる。

「猖獗」は「共助」で観客700万人を突破したキム・ソンフン監督とヒョンビンが意気投合し、話題を集めた作品だ。下半期にクランクインし、来年に公開される予定だ。