キム・ビョンマン、スカイダイビング中の事故で脊髄骨骨折…現地で手術

写真拡大

タレントのキム・ビョンマンが負傷した。

キム・ビョンマンが所属している事務所は本日(21日)、公式報道資料を通じて「キム・ビョンマンさんが昨日(20日、現地時刻)、アメリカでスカイダイビング国家代表の世界大会を準備するために、タンデム資格証を取得した後、チーム訓練を受ける途中で急変する風の方向によって着陸時に負傷した」と明かした。

続いて「事故当時、イギリスの特殊部隊員と現地の安全管理委員の迅速な措置で、2次負傷を予防することができた。間も無く病院に搬送され、精密検査を受けた結果、脊髄骨の骨折で神経の損傷はないという診断を受けた。現地で手術を受けた後、1〜2週間の回復期間を経てから帰国する予定だ」と伝えた。

また「完全な回復のために必要な期間は2ヶ月程度で、予定されたスケジュールは手術経過を見守った後、キム・ビョンマンさんの治療と回復のために協議する予定だ。早いうちに元気な姿で挨拶できるよう、治療及び回復に専念する」と明かした。

【公式コメント全文】

キム・ビョンマンさんが20日(現地時刻)、アメリカでスカイダイビング国家代表の世界大会を準備するために、タンダム資格証を取得した後、チーム訓練を受ける途中で急変する風の方向によって着陸時に負傷しました。

事故当時、イギリスの特殊部隊員と現地の安全管理委員の迅速な措置で、2次負傷を予防することができました。間も無く病院に搬送され、精密検査を受けた結果、脊髄骨の骨折で神経の損傷はないという診断を受けました。現地で手術を受けた後、1〜2週間の回復期間を経てから帰国する予定です。

完全な回復のために必要な期間は2ヶ月程度で、予定されたスケジュールは手術経過を見守った後、キム・ビョンマンさんの治療と回復のために協議する予定です。早いうちに元気な姿で挨拶できるよう、治療及び回復に専念します。ありがとうございます。