ギリシャ・コス島で、地震で損壊した建物の外に立ち尽くす人々(2017年7月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】エーゲ海(Aegean Sea)南東部で21日午前1時半(日本時間同7時半)ごろに発生したマグニチュード(M)6.7の地震で、死亡した2人はいずれも観光客だったことが分かった。ギリシャ当局によると、負傷者は120人に上っている。

 今回の地震はエーゲ海一帯のリゾート地の各地で揺れが感じられた。米地質調査所(USGS)によると、震源はトルコ南西部ボドルム(Bodrum)の南約10.3キロ、ギリシャ・コス(Kos)島の東16.2キロで、震源の深さは10キロ。

 この地震で、コス島で2人の死亡が確認されているが、ギリシャの警察当局によると被害者はスウェーデン人とトルコ人の観光客で、夜の観光で人気の繁華街の路上に倒れているところを発見された。近くの古い建物から落下した鉄柵や崩れた石壁が当たったとみられる。

 コス島は若者に人気の観光地で、地元警察によると繁忙期には約10万人が一度に宿泊できる。現在、宿泊施設の85%が予約で埋まっている状態だという。
【翻訳編集】AFPBB News