サッカーのJ1鹿島は21日、本拠であるカシマサッカースタジアムが「Jリーグワールドチャレンジ2017」のセビリア戦(22日・カシマ)から高密度Wi-Fiを備えたスマートスタジアム化すると発表した。スマートスタジアム化はJリーグと、インターネット配信王手の「DAZN」、NTTグループの共同事業で、同プロジェクトとしてはJ1仙台の本拠であるユアテックスタジアムに次いで2例目となっている。

 鹿島によると、スタジアム内に455のアクセスポイントを設置し、観客席の全エリアをカバー。多くの観衆が入った試合でも、快適な通信環境を提供することが可能となった。スタジアム内のアクセスポイントに接続すると、専用のポータルサイトへのアクセスが可能となり、試合開始までのカウントダウンや、スタジアム内のマップ、グルメ情報の検索ができるようになる。また、来場者限定で「DAZN」による試合中継映像を無料で視聴することができるという。

 クラブの春日洋平事業部マーケティンググループ長は「将来的にはフードのデリバリーや、来場後にチケットをアップグレードするような機能を備えられれば」と見通しを語った。